コラム|【元浅草二丁目歯科診療所】稲荷町駅すぐの歯科医院

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

休診日:木曜、土曜午後、日祝

〒111-0041
東京都台東区元浅草2丁目6-4
上野コアビル2F

tel. 03-6231-7264
fax. 03-6231-7274
  • 地図
  • メニュー

初期のむし歯は削らずに治せる?

皆さんこんにちは。

元浅草二丁目歯科診療所です。

むし歯は原則的に「削らなければ治らない」病気です。

けれども、例外として初期のむし歯に関しては、「削らずに治すことが可能」です。

今回はそんな初期のむし歯の症状や治療法についてわかりやすく解説します。

 

初期のむし歯の症状

初期のむし歯は、歯の表面に穴が開いていません。

表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)」と呼ばれる現象が起こっており、歯の表面に「白いシミ」だけが表れます。

そのため自覚しにくく、その段階で治療を開始できるケースはそれほど多くないのです。

 

初期のむし歯の治療法

初期のむし歯は、まだ歯の表面がむし歯菌によって溶かされていないことから、切削処置が不要となります。

とはいえ、「歯質の内部で脱灰が始まっている」ので、放置するわけにもいきません。

そこで有効なのが歯科医院で受ける「フッ素塗布」です。

高濃度のフッ素ジェルを歯の表面に塗布し、再石灰化を促します。

 

正しい歯磨きの方法を身に付ける

初期のむし歯が発生したということは、「口腔ケアに何らかの問題」があることを意味します。

正しい方法でブラッシングできていれば、むし歯に感染することもないからです。

少なくともその歯に関しては磨き方が不適切なので、「正しいブラッシング法」を歯科衛生士に学びましょう。

当院では、初期のむし歯ができた患者さまに対して、最適といえるブラッシング法をご提案しております。

同時に、「歯のクリーニング」を受けることで、初期のむし歯の進行を停止させることが可能です。

 

「歯を削らない」ことの重要性

私たちの歯は、削ると元には戻りません。削る量がいかに少なくても、再生することはないのです。

それだけに、「歯を削らない」治療は何よりも重要であるといえます。

そうした治療を選択するためには、むし歯を初期の段階で発見する必要があります。

 

まとめ

このように、初期のむし歯はまだ歯が溶けていないので、削る必要はありません。

フッ素塗布とブラッシング指導を受けて、その進行を停止させましょう。