コラム|稲荷町駅すぐの歯医者【元浅草二丁目歯科診療所】

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

休診日:木曜、土曜午後、日祝

〒111-0041
東京都台東区元浅草2丁目6-4
上野コアビル2F

tel. 03-6231-7264
fax. 03-6231-7274
  • 地図
  • メニュー

むし歯の痛みがなくなった?自然に治ったの?

こんにちは。
 
稲荷町駅・新御徒町駅すぐの歯医者「元浅草二丁目歯科診療所」です。
 
 
むし歯で痛みがあり、さすがにもう歯医者に行かなきゃと思っていたのに、急に痛みがなくなったという経験はありませんか?
 
痛みがなくなると「もしかして、自然に治ったのかな?」と思ってしまう方が多いかもしれません。
 
しかしこれは、危険を知らせるサインでもあるのです。
 
 

むし歯は自然には治らない

むし歯は一度進行してしまうと、自然には治りません。
 
ただ、むし歯がごく初期の状態に限り、歯磨きやフッ素塗布を積極的に取り入れることで、溶け出した歯の表面を修復することは可能です。
 
しかし、初期むし歯以外の進行したむし歯は、例え痛みが全くなかったとしても、歯医者でむし歯治療をしない限りは自然に治ることはありません
 
 

どうしてむし歯の痛みがなくなったの?

ではなぜ、むし歯の治療をしたわけではないのに「痛みがなくなった」のでしょうか。
 
むし歯は、表面の白いエナメル質の部分の範囲であれば、痛みは出ません。
 
ですが、エナメル質の下の象牙質にまでむし歯が進行すれば冷たいものがしみるようになり、神経に到達すれば激痛が走ります。
 
ところが、神経にむし歯が到達してからも放置すると、神経が死んでしまいます。
 
そうすると神経による激痛が消失し、「痛みがなくなった」と感じるのです。決してむし歯が治ったわけではありません。
 
 

放置するとどうなる?命にも関わる「むし歯の危険性」

痛みがなくなってもむし歯は刻々と進行するため、放置するのはとても危険です。
 
むし歯は早期に治療すれば、歯に限局した範囲で治療を終えられます。
 
しかし、そのまま放置すると歯の周りの組織にまで炎症が及び「歯根膜炎」や、顎にまで至ると「顎骨骨髄炎」が起こるなど、強い腫れや痛みが出ます。
 
そうすると、日常生活にも大きな支障をきたしてしまいます。
 
一番恐いのは、むし歯菌が血液を介して全身をまわり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性があることです。
 
稀ではありますが、むし歯を放置して死に至った例もあるため、痛みがなくてもむし歯は早めに治療をしておくことをおすすめします。
 
また、ごく初期であれば、むし歯は修復可能です。そのため、定期的に歯医者に通い、小さなリスクのうちに早めに対策することも大切です。
 
 
元浅草二丁目歯科診療所では、患者様のあらゆるお口のお悩みに幅広く対応しています。
 
「歯科が苦手で何年も行っていない」「治療途中で放置してしまっている」といった方も、歯やお口のお悩みについて、何でもお気軽にご相談ください。