コラム|稲荷町駅すぐの歯医者【元浅草二丁目歯科診療所】

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

休診日:木曜、土曜午後、日祝

〒111-0041
東京都台東区元浅草2丁目6-4
上野コアビル2F

tel. 03-6231-7264
fax. 03-6231-7274
  • 地図
  • メニュー

口内炎が治らない……長引く口内炎の原因と対策

こんにちは。
 
稲荷町駅・新御徒町駅すぐの歯医者「元浅草二丁目歯科診療所」です。
 
 
口内炎ができると、ちょっと舌が当たるだけで痛んだりしみたりするので、本当に辛いですよね。
 
とくに、なかなか治らないと辛い毎日が続き、食事することも不自由に感じてしまいます。
 
ここでは、口内炎がなかなか治らない時や長引く時の原因・対策について解説していきます。
 
 

口内炎がなかなか治らないのは、なぜ?

口内炎ができた時は原因があり、その原因を解消しなければなかなか治りません。
 
一般的に、口内炎は生活習慣の乱れが原因になっているケースが多く、例えば疲労やストレスが蓄積していると、身体の免疫力が低下して治るのが遅くなります。
 
また、お口の環境も関係しており、とくに唾液の分泌量が少ないと細菌が繁殖しやすいため、口内炎ができた時に治りづらいのです。
 
 

口内炎が長引く時は病気の可能性もある

口内炎が長引く場合、もしかすると何らかの病気が発症しているかもしれません。
 
症状の一つとして口内炎ができている可能性があり、例えば次のような病気が考えられます。
 

  • 口腔がん
  • アレルギー
  • 白板症

 
口腔がんの初期症状として、口内炎のような病変が現れるケースがあります。
 
また、食べ物などのアレルギーによって口内炎ができることもありますし、舌がんの前触れ状態である白板症においても、やはり口内炎ができることがあるのです。
 
あまり口内炎が長引くようであれば、念のために検査を受けてみた方がいいでしょう。
 
 

痛い口内炎への対策

口内炎への主な対策は、お口の中を清潔にすることと、免疫力を高めることです。
 
お口の中を清潔にする場合、殺菌成分の入っている洗口剤を使うのが効果的で、口内炎の悪化を防ぎやすくなります。
 
免疫力を高めるには、疲労やストレスを解消させることを考えた上で、バランスの良い食生活を心がけ、とくにビタミンB2の摂取を意識しましょう。
 
また、塗り薬・貼り薬で対策する方法もあります。
 
 
口内炎は病気の可能性も否定できないため、気になる場合は早めに歯科医院で診察をうけましょう。
 
元浅草二丁目歯科診療所では、むし歯や歯周病だけでなく、このようなお口の悩みについても対応させていただきます。
 
口内炎がなかなか治らなくてお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。