コラム|稲荷町駅すぐの歯医者【元浅草二丁目歯科診療所】

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

休診日:木曜、土曜午後、日祝

〒111-0041
東京都台東区元浅草2丁目6-4
上野コアビル2F

tel. 03-6231-7264
fax. 03-6231-7274
  • 地図
  • メニュー

歯が折れた!欠けた!そんなときの応急処置、対処法

こんにちは。
 
稲荷町駅・新御徒町駅すぐの歯医者「元浅草二丁目歯科診療所」です。
 
 
歯は、ぶつけたり転んだりするなどの衝撃で折れてしまうことがあり、とくに小さなお子様は走り回るので、親御さんは「歯が折れたり欠けたりしたらどうしよう」と不安になりますよね。
 
もしそのような事態が起こった時、慌てずに行動すれば元に戻せるかもしれません。
 
ここでは、歯が折れたり欠けたりした時の正しい応急処置や、対処法について解説していきます。
 
 

折れた歯に対する応急処置

歯が折れても、もしかすると元に戻せる可能性があるので、折れた歯は拾って保存します。
 
折れた歯は乾燥に弱いので、乾かないようにすることが大切です。
 
乾燥を防ぐ方法としては、生理食塩水や新品の牛乳パックに浸ける方法などがあります。
 
ちなみに、乾燥対策として最も安全なのは、お口の中です。
 
ただし、小さな子どもの歯が折れた場合は、子どものお口の中に入れておくと、誤って飲み込んでしまう危険性があるので注意が必要です。
 
お口の中での保存が難しい場合は、本人の唾をかけて濡らし、乾燥しないようにラップで巻いて歯科に持っていきましょう。
 
 

お口のケガに対する応急処置

お口の中は、できるだけそのままにして歯科医院に行った方がいいので、むやみに触れたり消毒したりしてはいけません。
 
なぜなら、間違った応急処置によって細菌が繁殖してしまう可能性があるからです。
 
そのため、応急処置は止血程度に留めておき、お口の中が汚れていても、やさしくうがいする程度の対処にしておいた方がいいでしょう。
 
 

折れた歯を保存してからの対処法

折れた歯が元に戻せるかどうかは、治療を受けるまでの時間が関係してきます。
 
歯が折れても、歯の根と骨をつなぐ組織は生きています。
 
しかし、歯の組織は時間の経過によって死んでしまい、2時間ほど経過すると組織の大半が死滅してしまうのです。
 
そうなると、元に戻すのが難しくなってしまうため、できるだけ早く歯科医院に行く必要がありますし、理想は歯が折れてから30分以内での来院と受診です。
 
歯の破片を正しい方法で保存して、なおかつ早く歯科医院に行けば、元に戻せる可能性があります。
 
 
このような事故が起こった際、元浅草二丁目歯科診療所では最大限の対応をさせていただきます。
 
ご来院前にご連絡いただければ、応急処置の方法などについても正しくご説明いたします。
 
歯が折れたり欠けたりした時は、慌てず行動するように心がけましょう。